ヒアリングループマーク

ヒアリングループマーク

ヒアリングループマーク

管理規定

ヒアリングループマーク利用・管理規定

前文

平成15年に耳マーク利用・管理規定が設けられたが、平成26年10月26日全難聴福祉大会in三重において、新たにヒアリングループ設置場所及び対応機器を示すマーク(以下『ヒアリングループマーク』という)が決定された。 ヒアリングループマークは補聴器や人工内耳に内蔵されている磁気誘導コイル(Tモードまたはテレホンコイルともいわ れているが、ここでは以下「Tコイル」という)を使って利用できる施設・機器であることを表すマークです。

このマークを施設・機器に掲示することにより、補聴器・人工内耳装用者に補聴援助システムがあることを知らしめ、 利用を促すものです。

第1条
この規定は、(一社)全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(以下「全難聴」という)が文化庁に登録した耳マーク著作権の利用および管理に関する事項に基づき、作成された「ヒアリングループマーク」について、該当する公共施設及び機器等へ掲示の促進を図り、利用者への啓発や利用の推進に資するものである。
第2条
全難聴は、前文に記されているように難聴者・中途失聴者の権利擁護のためにヒアリングループマークが制定された精神に則り、広く活用されるよう努力するものとする。
二項
公共の福祉目的のために利用される限り、その利用の申し込みを妨げてはならない。
三項
ヒアリングループマークは、ヒアリングループ設置場所及び対応機器のPRのために作られるポスター、チラシ、パンフレット等に使用することができる。
第3条
第2条の条項に準拠し、使用料の徴収はしないものとする。
第4条
ヒアリングループマークの複製に際し、形状は崩さないこと。ただし、利用目的に合わせてヒアリングループマークを縮小・拡大することは認める。
二項
耳マーク色は、全国標準規格である大日本印刷(株)カラーチャートのNo.80-80の明るい緑色を原則とする。
またそれに近似した色であれば、可とする。
第5条
ヒアリングループマークの管理統括は耳マーク部長が任にあたる。補佐は事務局とする。
第6条
ヒアリングループマークの使用の許諾を受けようとする者は、全難聴事務局にヒアリングループマーク利用申請書を提出しなければならない。利用申請に関する通常業務の受付窓口は全難聴事務局に設置し、担当者が実務を担うものとする。
第7条
前条記載の事項に関して、その利用申請があったときは、次のように取り扱うものとする。

  1. ヒアリングループマーク利用申請書に必要事項を記入し、提出を受ける。
  2. 担当者は利用申請が提出されたときは、すみやかに普及の趣旨にかなっているか申請内容を精査する。
  3. 特段の問題がない場合は、承諾書を発行する。
  4. 申請内容に疑義を感じたときは、遅滞なく耳マーク部長の判断を仰ぐ。
  5. 当会に加盟している協会が利用する際、申請は不要とするが、報告書を提出する。
第8条
ヒアリングループマークの使用許諾を受けた者は、ヒアリングループマークの信用維持のため、ヒアリングループ設置場所及び対応機器の品質管理を行い、常に品質の維持向上に努めるものとする。
第9条
全難聴は、ヒアリングループマークの使用がこの規定に反していると認められる場合は、許諾の取り消しを行うものとする。
第10条
全難聴は、ヒアリングループマークを付したシール等の偽造又はマークに類似したデザインの使用が行われないよう、監視活動を行うものとする。

付則

本規定は平成27年6月15日から施行する。

利用申請書