全難聴青年部ミニ研修&定期総会 報告

ミニ研修

平成26年6月15日、宮城教育大学の松﨑丈先生を招いて、全難聴青年部の
ミニ研修を行いました。テーマは「アサーション・トレーニング」。この研修を開催
したのは、当青年部の先輩からの助言がきっかけですが、どんな場面でも感情
的にならず、相手の言い分を受け止めながらも、自分の主張はきちんと伝える。
そういうことが常にできるようになるいいな、と、私自身も日頃から思っていたと
いうこともあります。
それで、まず初めにアサーションの意味を教わります。
アサーションとは
「自分の気持ちや考えなどを確かめ、それに率直にその場の状況にあった適切な
方法で表現すること」
「相手の基本的人権を犯すことなく、自分の基本的人権のために、立ち上がり、
表現すること」とのことです。
では、その場の状況にあった適切な方法とはなんでしょうか?そして基本的人権
とは?その答えを、講演そしてエクササイズの中で、少し教わりました。しかし、
研修の時間を無理に短く設定したため、急ぎ足で終了。

アサーションを身につけるには、本来、今回のミニ研修のような2時間程度では
とうてい足りず、かなりの時間を必要とするそうです。
また機会があれば、今度は時間をかけて同様の内容の研修ができればいいな、
と思いました。

26全ナ ミニ研修

定期総会

翌日16日は、当青年部の総会を開催しました。出席者より承認を得た、
平成26年度の事業計画案は以下です。

・平成27年1月10日~12日
青年部交流会 … 北陸&紀伊地方

・6月、10月、平成27年2月
青年部役員会 … 年3回予定

・その他
6月7日       全難聴本部通常総会
10月25日~27日 全難聴福祉大会