一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
 全難聴 概要
トップに戻る
 基本情報
名 称  一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
よみがな イッパンシャダンホウジン ゼンニホンナンチョウシャ・チュウトシッチョウシャダンタイレンゴウカイ
設立 1991年(平成3年)9月5日 社団法人設立許可(厚生省社第314号)   
9月17日 法人設立登記 
※2013年(平成25年)4月1日一般社団法人化
代表者 理事長 新谷 友良(シンタニ トモヨシ)
役員 理事15名 監事2名 (役員名簿
会員数 57団体(2014年7月1日現在) (加盟協会一覧
基本財産 40,622,719円
所轄官庁 厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部企画課
 
所在地 〒162-0066 東京都新宿区市谷台町14番5号 MSビル市ヶ谷台1階
電話番号 03-3225-5600
ファックス番号 03-3354-0046
ホームページ http://www.zennancho.or.jp/
代表メールアドレス
取引銀行口座 三井住友銀行 幡ヶ谷支店 (普)5373651 名義:全難聴
郵便局口座 郵便振替口座 00130−1−77300 名義:社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
 
 目 的
 本会は、全国の難聴者・中途失聴者(以下「難聴者等」という)に対する施策の充実普及のための諸事業を行い、難聴者等に対する社会の理解を促進させるとともに、難聴者等のコミュニケーション手段等に関する調査研究等を行うことにより、障害者の社会的地位の向上と福祉の増進及び社会参加の促進に寄与することを目的としています。

 本会は、上記目的を達成するため、次に掲げる事業を行います。
  1. 難聴者等の社会参加促進のための施策の充実普及に関する事業
  2. 難聴者等に対する社会の理解促進のための啓蒙、広報に関する事業
  3. 難聴者等のニーズに関する調査
  4. 難聴者等の社会参加促進のためのコミュニケーション手段等に関する調査研究
  5. 難聴者等の相互交流促進、情報提供等に関する事業
  6. 関係諸団体との連絡調整に関する事業
  7. その他、本会の目的を達成するために必要な事業
 
 会務執行組織図
       総 会
        │
  事務局──理事会──常務理事会
        │
 ┌──────┼───────┐
(事業専門部)(階層別専門部)
(ブロック)
 │      │     ┌─┘
 ├中央対策  ├高年部  ├
北海道(北海道、札幌市、函館市)
 ├耳マーク部 ├女性部  ├
東北(青森県、岩手県、宮城県仙台市、秋田県、山形県、福島県)
 ├機関誌部  └青年部  ├
関東(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、千葉市、
 ├情報文化部       │   
東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、長野県)
 ├要約筆記部       ├
東海(岐阜県、静岡県、愛知県、名古屋市、三重県)
 ├補聴医療対策部     ├
北越(新潟県、富山県、石川県、福井県)
 ├組織部         ├
近畿(滋賀県、京都府、京都市、大阪府、大阪市、堺市、兵庫県、神戸市、
 └国際部         │   
奈良県、和歌山県)
              ├
中国・四国(島根県、岡山県、広島県、広島市、山口県、徳島県、
              │   
香川県、松山市)
              └
九州(福岡県、北九州市、福岡市、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、
                  
宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
 
 
 役 員 名 簿    2015年6月20日 選出
番号 氏名 ふりがな 役職 所属 部長
1 新谷 友良 しんたに ともよし 理事長 (特)東京都中途失聴・難聴者協会
2 川場 充 かわば みつる 副理事長 公益社団法人 岡山県難聴者協会 大会担当、高年部長
3 佐野 昇 さの のぼる 副理事長 (特)静岡県中途失聴・難聴者協会 事務局長
4 宮本 せつ子 みやもと せつこ 副理事長 熊本県難聴者・中途失聴者協会 機関誌部長
5 高木 富生 たかぎ とみお 常務理事 (特)名古屋難聴者・中途失聴者支援協会 耳マーク部担当
6 根間 洋治 ねま ようじ 常務理事 沖縄県難聴・中途失聴者協会 補聴医療対策部長
7 湯浅 はるみ ゆあさ はるみ 常務理事 香川県中途失聴・難聴者協会 機関誌担当
8 川井 節夫 かわい せつお 理事 横浜市中途失聴・難聴者協会 情報文化部担当
9 黒田 和子 くろだ かずこ 理事 (特)愛知県難聴・中途失聴者協会  
10 宿谷 辰夫 しゅくや たつお 理事 滋賀県中途失聴難聴者協会 要約筆記部担当
11 東海林 清人 しょうじ きよひと 理事 山形県中途失聴・難聴者協会 福祉大会担当
12 永井 慎吾 ながい しんご 理事 秋田県難聴者中途失聴者協会 国際部担当
13 信木 章 のぶき あきら 理事 山口県中途失聴・難聴者協会  
14 藤原 稔之 ふじはら としゆき 理事 島根県難聴者協会 青年部担当
15 星野 康晴 ほしの やすはる 理事 埼玉県難聴者・中途失聴者協会 福祉大会担当
           
1 齋藤 正昭 さいとう まさあき 監事 (特)茨城県中途失聴・難聴者協会  
2 田代 慶藏 たしろ けいぞう 監事 三重県難聴・中途失聴者協会  
 
 
 決算公告

 
 定 款
定款(PDFファイル)

一般社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会定款



第1章  総則

(名称)
第1条 この法人は、一般社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(以下、「本会」という)と称する。

(事務所)
第2条 本会は、主たる事務所を東京都新宿区に置く。
 

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条 本会は、広く社会に対して、難聴者・中途失聴者(以下「難聴者等」という)の理解を深めるため、社会的自立の促進及び難聴者等に対する社会一般の理解向上に関する事業を行い、もって難聴者等の福祉の向上及び権利擁護に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。
(1)難聴者等の社会参加促進のための施策の充実普及に関する事業
(2)難聴者等に対する理解促進のための啓発、広報に関する事業
(3)難聴者等のニーズに関する調査
(4)難聴者等の社会参加促進のためのコミュニケーション手段等に関する調査研究
(5)難聴者等の相互交流促進、情報提供等に関する事業
(6)関係諸団体との連絡調整に関する事業
(7)災害支援に関する事業
(8)その他、本会の目的を達成するために必要な事業
2前項の事業は、本邦及び海外において行うものとする。


第3章 会員

(法人の構成員)
第5条 本会に次の会員を置く。
 (1)正会員  都道府県、政令指定都市及び中核市を単位として設立された難聴者等の団体で、第3条の目的に賛同して入会した団体
 (2)賛助会員 本会の事業を賛助する目的で入会した個人又は団体
2 前項の会員のうち正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「法人法」という。)上の社員とする。

(会員の資格の取得)
第6条 本会の会員になろうとする者は、理事会の定めるところにより申込みをし、その承認を得なければならない。

(経費の負担)
第7条 本会の事業活動に経常的に生じる費用に充てるため、会員は、毎年、総会において別に定める額を支払う義務を負う。
 
(任意退会)
第8条 会員は、理事会において別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。

(除名)
第9条 会員が次のいずれかに該当するに至った時は、総会の決議によって当該会員を除名することができる。
 (1)この定款その他の規則に違反したとき。
 (2)この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
 (3)その他除名すべき正当な事由があるとき。

(会員資格の喪失)
第10条 前2条のほか、会員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
 (1)第7条の支払い義務を2年以上履行しなかったとき。
 (2)総正会員が同意したとき。
 (3)当該会員が死亡し、又は解散したとき。
 

第4章 総会

(構成)
第11条 総会は、すべての正会員をもって構成する。
2 前項の総会をもって法人法上の社員総会とする。

(権限)
第12条 総会は、次の事項について決議する。
(1)会員の除名
(2)理事及び監事の選任又は解任
(3)理事及び監事の報酬等の額
(4)貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)の承認
(5)定款の変更
(6)解散及び残余財産の処分
(7)その他総会で決議するものとして法令又はこの定款で定められた事項

(開催)
第13条 総会は、通常総会として毎事業年度終了後3ヶ月以内に開催するほか、必要がある場合に開催する。

(召集)
第14条 総会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき理事長が召集する。
2 総正会員の議決権の10分の1以上の議決権を有する正会員は、理事長に対し、総会の目的である事項及び招集の理由を示して、総会の招集を請求することができる。
3 総会を招集する場合は、理事長は、総会の日の2週間前までに、正会員に対して、会議の日時、場所、目的たる事項並びにその他必要な事項を記載した書面をもって、通知を発しなければならない。
4 前項の規定にかかわらず、正会員の全員の同意があるときは、招集の手続きを経ることなく開催することができる。

(議長)
第15条 総会の議長は、当該総会において会員の中から選出する。

(議決権)
第16条 総会における議決権は、正会員1名につき1個とする。
(決議)
第17条 総会の決議は、総正会員の議決権の過半数を有する会員が出席し、出席した当該正会員の議決権の過半数をもって行う。
2 前項の規定にかかわらず、次の決議は、総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行う。
(1)会員の除名
(2)監事の解任
(3)定款の変更
(4)解散
(5)その他法令で定められた事項
3 理事又は監事を選任する議案を決議するに際しては、各候補者ごとに第1項の決議を行わなければならない。理事又は監事の候補者の合計数が第22条に定める定数を上回る場合には、過半数の賛成を得た候補者の中から得票数の多い順に定数の枠に達するまでの者を選任することとする。

(議決権の代理行使)
第18条 総会に出席できない正会員は、委任状その他の代理権を証明する書面又は電磁的記録を理事長に提出することにより、他の正会員を代理人として議決権を行使させることができる。
2 前項の場合における前条の規定の適用については、その正会員は出席したものとみなす。

(決議の省略)
第19条 理事又は正会員が、総会の目的である事項について提案した場合においてその提案について、正会員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の総会の決議があったものとみなす。

(報告の省略)
第20条 理事が正会員の全員に対し、総会に報告すべき事項を通知した場合において、その事項を総会に報告することを要しないことについて、正会員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その事項の総会への報告があったものとみなす。

(議事録)
第21条 総会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
2 議長及び総会において選任された議事録署名人2名以上は、前項の議事録に記名押印する。


第5章 役員

(役員の設置)
第22条 本会に、次の役員を置く。
(1)理事 15名以上20名以内
(2)監事 2名以内
2 理事のうち1名を理事長とする。
3 理事長以外の理事の内3名以内を副理事長、3名以内を常務理事とする。
4 第2項の理事長をもって法人法上の代表理事とし、前項の副理事長及び常務理事をもって同法第91条第1項第2号の業務執行理事とする。

(役員の選任)
第23条 理事及び監事は、総会の決議によって選任する。
2 理事長、副理事長及び常務理事は、理事会の決議によって理事の中から選定する。
3 理事のうち、理事のいずれか1名とその配偶者又は3親等内の親族その他法令で定める特別の関係にある者の合計数は、理事総数の3分の1を超えてはならない。

(理事の職務及び権限)
第24条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。
2 理事長は、法令及びこの定款で定めるところにより、本会を代表し、業務を執行し、副理事長及び常務理事は理事会において別に定めるところにより、本会の業務を分担執行する。
   3 理事長、副理事長及び常務理事は、毎事業年度に4ヶ月を超える間隔で2回以上、自己の職務の執行の状況を理事会に報告しなければならない。

(監事の職務及び権限)
第25条 監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。
2 監事は、いつでも、理事及び使用人に対して事業の報告を求め、本会の業務及び財産の状況の調査をすることができる。

(役員の任期)
第26条 理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する通常総会の終結の時までとする。
2 監事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する通常総会の終結の時までとする。
3 補欠として選任された理事又は監事の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。
4 理事又は監事は、第22条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事又は監事としての権利義務を有する。

(役員の解任)
第27条 理事及び監事は、総会の決議によって解任することができる。ただし、監事を解任する場合は、総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければならない。

(役員の報酬等)
第28条 理事及び監事に対して、総会において定める総額の範囲内で、総会において別に定める報酬等の支給の基準に従って算定した額を報酬等として支給することができる。

   (名誉総裁・顧問・相談役)
第29条 本会に名誉総裁、顧問及び相談役をおくことができる。
2 名誉総裁、顧問及び相談役は、理事会の承認を得て、理事長が委嘱する。
3 名誉総裁、顧問及び相談役は、理事長の諮問、相談に応ずる。

 
第6章 理事会

(構成)
第30条 本会に理事会を置く。
2 理事会は、すべての理事をもって構成する。

(権限)
第31条 理事会は、次の職務を行う。
(1)この法人の業務執行の決定
(2)理事の職務の執行の監督
(3)理事長、副理事長及び常務理事の選定及び解職

(開催)
第32条 理事会は、毎事業年度開始前及び事業年度終了後3ヶ月以内に開催するほか、必要がある場合に随時開催する。

(招集)
第33条 理事会は、理事長が招集する。
2 理事長が欠けたとき又は理事長に事故があるときは、各理事が理事会を招集する。
3 理事会を招集する場合は、理事長は、理事会の日の7日前までに、各役員に対して通知を発しなければならない。
4 前項の規定にかかわらず、役員の全員の同意があるときは、理事会は招集の手続きを経ることなく開催することができる。

(議長)
第34条 理事会の議長は、理事長がこれに当たる。ただし、理事長が欠席の場合には、副理事長又は常務理事が議長の職務を代行する。

(決議)
第35条 理事会の決議は、決議についての特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。

(決議の省略)
第36条 理事が、理事会の決議の目的である事項について提案をした場合において、その提案について、議決に加わることのできる理事の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、その提案を可決する旨の理事会の決議があったものとみなす。ただし、監事が異議を述べたときは、その限りではない。

(報告の省略)
第37条 理事又は監事が理事及び監事の全員に対し、理事会に報告すべき事項を通知した場合においては、その事項を理事会に報告する事を要しない。
2 前項の規定は、第24条第3項の規定による報告には適用しない。

(議事録)
第38条 理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
 2出席した理事長及び監事は、前項の議事録に記名押印する。ただし理事長が出席しない場合には、出席した理事及び監事の全員が記名押印する。

第7章 資産及び会計
(事業年度)
第39条 本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(事業計画及び収支予算)
第40条 本会の事業計画書及び収支予算書については、毎事業年度の開始の日の前日までに、理事長が作成し、理事会の決議を受けなければならない。これを変更する場合も、同様とする。
2 前項の書類については、主たる事務所に、当該事業年度が終了するまでの間備え置くものとする。

(事業報告及び決算)
第41条 本会の事業報告及び決算については、毎事業年度終了後、理事長が次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を受けなければならない。
(1)事業報告
(2)事業報告の附属明細書
(3)貸借対照表
(4)損益計算書(正味財産増減計算書)
(5)貸借対照表及び損益計算書(正味財産増減計算書)の附属明細書
2 前項の承認を受けた書類のうち、第1号、第3号及び第4号の書類については、通常総会に提出し、第1号の書類についてはその内容を報告し、その他の書類については承認を受けなければならない。
3 第1項の書類のほか、監査報告を主たる事務所に5年間備え置くとともに、定款に、会員名簿を主たる事務所に備え置くものとする。


第8章 定款の変更及び解散
(定款の変更)
第42条 この定款は、総会において総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数の決議によって変更することができる。

(解散)
第43条 本会は、総会において総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の3分の2以上に当たる多数の決議その他法令で定められた事由により解散する。

(剰余金の分配の制限)
第44条 本会は、剰余金の分配をすることができない。

(残余財産の帰属)
第45条 本会が清算をする場合において有する残余財産は、総会の決議を経て、公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律第5条第17号に掲げる法人又は国若しくは地方公共団体に贈与するものとする。


第9章 公告の方法

(公告の方法)
第46条 本会の公告の方法は、官報に掲載する方法とする。ただし、貸借対照表については、法人法第128条第3項に規定する措置により開示する。


第10章 事務局

(設置等)
第47条 本会の事務を処理するため、事務局を置く。
2 事務局には、事務局長及び所要の職員を置く。
3 事務局長及び職員は、理事会の決議を経て理事長が任免する。
4 事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。


第11章 補則

(委任)
第48条 この定款に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は、理事会の決議により、別に定める。


附 則
1 この定款は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第121条第1項において読み替えて準用する同法第106条第1項に定める一般法人の設立の登記の日から施行する。
2 本会の最初の代表理事(理事長)は高岡 正とする。
3 本会の最初の業務執行理事(副理事長及び常務理事)は
  副理事長 川井 節夫     常務理事 小川 光彦
川場 充           佐野 昇
新谷 友良          宮本 せつ子
とする。
4 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第121条第1項において読み替えて準用する同法第106条第1項に定める特例民法法人の解散の登記と一般法人の設立の登記を行ったときは、第39条の規定にかかわらず、解散の登記の日の前日を事業年度の末日とし、設立の登記の日を事業年度の開始日とする。
トップに戻る